ファクタリングなら即日で資金調達ができます

ファクタリングとは売掛金債権を業者に譲渡して支払い期日前に現金化する仕組みのことです。

金銭消費貸借契約ではなく債権譲渡契約なので審査は比較的緩やかに行われます。また審査から入金までの時間が短く、即日入金に対応している業者もあります。素早く資金調達を行いたい場合には、銀行などから融資を受けるよりもファクタリングを利用する方が効率的です。ファクタリングには2社間取引と3社間取引が存在します。前者は業者と利用者だけで取引が行われ、売掛先に知られることはありません。

後者は売掛先の承諾が必要になります。いずれの取引においても即日入金に対応している業者が存在します。2社間取引と3社間取引の大きな違いは手数料にあります。前者は利用者が売掛先から売掛金の支払いを受けて、さらに業者に支払います。利用者が倒産するなどにより売掛金が支払われないリスクを業者が背負うことになるため、手数料は比較的高額に設定されます。

2社間取引の手数料は売掛金債権額の10%から30%が相場です。3社間取引の場合は5%から10%が相場とされています。日本では様々なファクタリング業者が存在します。即日入金に対応し、一般的な相場よりも安い手数料で取引を行う業者もいます。しかし極端に安い手数料を提示する業者は何らかの問題を抱えている可能性があるので注意が必要です。多くの利用者を抱えており、実績のある大手業者であれば安心して利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *